2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

まろん

二年目の夏

まろん姐さんが旅立って二年がたちました。

もう二年…まだ二年…想いは色々です。
今も毎日のようにまろんに話しかけ、いつもそこにいるような…
でも、そこにいない現実が淋しい。。。

今年もお寺に行って法要してもらいました。
洞窟の本堂は寒いくらい涼しい。
くるみさん、ここが大好きです。

14072601
しかも、いつも必ず本尊の方を向いているくるみ

14072602
木魚や鐘の音が怖いこはるは膝の上

あとは、まろんのお墓ボックスの中のお供え物(水・フード・おやつ)
を新しいものと交換してきました。

家では祭壇前も特別に何もしません。ふだんどおりですけど…

まろん、そっちはかなり賑やかになったね。
たくさんの仲間がいるからまろんはもう淋しくないね。
おかあちゃんは、くるはるがいても淋しいけど。
まろんの存在はあまりに大きかったよ

もう一回、まろんに会いたい…ギュ〜ってしたいよ…

いつまでもあかんたれのおかあちゃんでごめんねcrying

こはる…

多分、コギ友たちはみなさんもう知ってると思うけど…
我が家に新しく家族を迎えることになりました。
4月11日のコルクママのブログ(4匹の宝物)を見て釘づけになった私なのでした。
急展開で決まってしまいました。
まずはご紹介します~命名「こはる」です。

01
プードルパパ太郎君とコーギーママ姫ちゃんの
間に生まれたプーギーです。

昨日乳母ちゃまにお願いして送ってもらった
パパ太郎君↓

03
クリクリのお目目とクルクルの毛がかわいい~
まだ1歳の若いパパです。

04
そしてべっぴんさんの姫ママです~

なんとくるみのお父ちゃんと姫ママのおじいちゃんは
同じロイスです。
くるみはこはるの大おばかな??(難しい)
そして姫ママのおばあちゃんはコルクファミリーのミント。
コルクはまろんの遠縁にあたります。
なんかこはるでまろんとくるみが繋がったようで…感無量。
そこに先程連絡が入りました。
こはるのお兄ちゃんだか?弟だか?一緒に生まれた男の子ちゃんの
名前が決まり、「麿(まろ)」君だそうです。
コルクママがまろんと重なりウルウルしたと言ってました。

もの凄~~い縁を感じざるを得ません。

こはる、ものすごくお転婆ちゃんらしいです。
ものすごく楽しみです。

05
どんな風に成長するか全くわからないプーギー。
毛はどうなるか?
足はどうなるか?
耳はどうなるか?
声はどうなるか?
尻尾はどうなるか?
今のところ、見た目はコギっぽい気がするけど…
実物に早く会いたいなぁ~

02

(写真提供:コルクママ)

半年たちました

まろんが旅立ってから丸半年が過ぎました。
雪の中、お墓参りに行ってきました1月26日。
あれから半年もたったなんてまだまだ。。。
今も毎日まろんに話しかけ、くるみの事を頼み、
涙することもしばしばweep
ダメな私をまろんもきっとあきれて見てるんやろうね~eye

今日はまろんの元気な頃の写真数枚と
まろんの亡くなった頃に起こった不思議な事を・・・。

まずは仔犬のまろん

Photo
まろん3ヶ月頃
大好きな籠の中で大好きなモーモーさんと。

Photo_2
まろん3歳。
一番元気でかっこよかった頃。べっぴんさんでしょ。

10
まろん10歳。
足が悪くなる少し前頃。雪が大好きだったね。
今も喜んでるかな~snow

12
まろん12歳。
車いす初期の頃。まだボール遊びも。。。

今頃は車いすもなしで走っていることでしょうね。
まろんに叱られそうやけど、
まだまだ当分はまろん病が癒えないであろう私です。

もういっこの不思議な事は、次の記事で。。。

今年、最後です。

2012年もあと2日半ほどとなりました。

今年はまろんの死という大きな大きな事がありましたsweat02
この数年、まろん中心にまわっていた我が家にとって
本当に大きな大きな穴があいたようでした。
まろんは今まで本当に多くの人たちにかわいがってもらって
たくさんのお友達もできて(犬嫌いなのに…)
本当に幸せな犬生だったことでしょう。

Photo
この笑顔を忘れないでね。
そして、改めて皆様にお礼を申し上げます。
ありがとうございましたm(_ _)m

でもまだ我が家にはくるみがいます。
この子がいて本当に救われました。
まろんの死をわかっているのかいないのか?
まあ、普段から何考えてるのかようわからん子なので…
でも悲しんで病気とかならなかったから良かったのかなぁ。。。
今年後半はまろんのいない淋しさをどれだけ癒してくれたかは
言うまでもありません。
くるみ、いつまでも今のまま、元気で、天真爛漫なままいておくれや~
来年も楽しいこといっぱいして皆さんに楽しいくるみの
様子をお届けしたいと思います~scissors

今年最後の画像はやはりくるみ&雪で。。。

12122403
積雪が足の高さを超えると歩けましぇん。
おっちゃんと私が長靴で踏んで迷路のように
道を作るとそれに沿ってついて来るけど…
ず~っとこんな感じで食べながら進んでるしangry

くぉら~sign03と叫ぶと何事もなかったように

12122404
何言ううてんのん?何にもしてないやん。
みたいな顔してますけど・・・

散歩中もず~っと雪食べまくりの
おしっこしまくりのくるみなのでした。

最後はやはり走ってもらいましょ~run

今日はクリスマスに積もった雪がほとんどとけてしまいました。
でもまた明日から雪になりそうです。
また年が明けたらその様子も頑張ってUPします(ほんまか?)

今年一年お世話になった方々に感謝の気持ちをおくりますと共に
2013年も皆様にとって良いお年になりますよう心からお祈り申し上げます。

それでは、良いお年を~happy01

大好きやったね

すいませ~んm(_ _)m
旅行の記事はまた後日になります。。。

今日は、ず~っと気になってた動画の復元作業。
ブログの動画をAmebaVisionに変えたのが2011年の10月。
それ以降、結構まろんさんの状況などで動画も載せていたので、
DMで見に来る人もいるかもしれないので復活せねばと思っていたのですが、
なかなか重~い手が動かずにいました。
AmebaVision閉鎖になって、12月はじめには完全になくなってしまうので
今のうちと思い立ったのが昨晩。
ゆっくりやろうと思っていたが、アメーバとユーチューブとぶろぐと
3つ見ながらやってると、私のおつむでは一気にやらなわからんくなってしまうので
とりあえずやりましたscissors
それ以前のFlipClipやニフティの分はあきらめましたけど。

ちょうど冬の場面がおおくてね~
大変やったしね、雪とか・・・
でも動画自体は辛くなるのであまり見ないようにしてました。
それでも最初のシーンは見えるから…
考えないようにして作業に没頭してました。

そろそろ、白山に雪が積もったり、寒くなったりして、
まろんにも
「あんなに暑かったのにもうすぐ雪降るで~」
なんて話したりしてました。
とにかく、雪が大好きやったからね、まろんさん。

そんな時にね…
さっきとあるブログを見に行きましたら…
多分DMの方はみんな見てると思うけど…Mちゃんとこ…
まろんとおなじくらいか少し後に発症したと思うのですが…

「早く雪が降らないかな。
もう一度一緒にそり遊びがしたいよ」

と書かれていました…

いやあ、もうだめですわ…号泣…crying

お寒うなりました

ほんとに寒くなりましたよ~石川県。
お昼、日が照っていれば暖かいんですけど…
夜はもう完全に寒寒です。
窓を閉めて、カーテン閉めて、部屋もあけっぴろげられず…
かろうじてカーペット敷き替え、シーツも敷き替え、布団もごつくなり、
パジャマもごつくなり、そろそろ毛布いるかな~って感じで…でも
さすがに暖房するのもちょっと…コタツもちょっと…まださすがに…
頼みの湯たんぽ犬くるみは、相変わらずまだ冷たいとこで寝てるし…
けど、少しずつ、お部屋にいる時間も増えてきたよ~
寒くなった証しだす。

ほんで、この頃はちょこっと遊べと催促し始めた。
これもまた、寒くなったからか???

12101601
完全に目が据わってますで~くるみさんの恐い顔…
この程度ですけど…

話はちょこっととびますが…実はこの日の昼…

私の通勤の帰り道、加賀温泉駅近くに建つ観音さまが真正面に見える。
以前から何かあると帰り道、よくお願い事をしていた。
この日は、たまたま、まろんと話しながら運転中だったのですが、

私「まろん、そろそろおかあちゃんに会いに来てくれても
    ええんちゃうん?夢にも出てこんと!そろそろ夢にでも
    現れてほしいなあ。けど、私あんまり夢も見いひんし…てか
    覚えてないし…霊感とかなんもかけらもないしなぁ。
    ねえ、観音さん、そろそろまろんにあわせて下さいゃ~」

などと、言っていたのだが。。。

携帯で運転しながら撮ってみたが、あまりに小さい。
拡大したらちょっと画像汚くてすんませんです、観音さん。

Kannonnsan
とにかくでかいんですわ、観音さん。
(もっと見たい方は、こちら

その晩です。くるみと遊びタイム。
ちょっといつもより長かったし、写真撮ってみた。
ついでに動画も…

くーちゃん、楽しそうですやろ~

けどね、ちょっと色々あります、この動画…
わかりましたか~?
私らはまろんの仕業と思っておりますscissors

ですから、もし違っても絶対に言わないで下さい。

ちなみにこの翌日、おっちゃんはまろんの夢を見たらしい。。。

思い起こせば

まろん四十九日までに思いだしたことがあります。

いまだにはっきりしないまろんがDMを発症した時期。
2009年の夏頃から足が滑り始めたとおっちゃんは言うけど…
私はもうちょっと早かったような気がする。
まろんさん10歳の誕生日のぶろぐ記事を読んでたら書いてたことが気になった。
大体こんな感じ…

…急にいっつも歩いてる細かい砂利道に行くとビッコひくようになり、
歩くのを嫌がった。
アスファルトの道は平気だし、どんどん歩くし、足の裏を見ても
何にもなってないし・・・なんかおかしい …

そのあと、病院で診てもらったのだが、こう書いてあった。

…先生が背中から腰を押してみたら、背中と腰の二ヶ所でちょっと怒って痛がったまろん。
前は触ってもあまり反応しなかったのに・・・
そのあと、なんか調子悪げで、家の中でもなんか後足がくねくねしてたりして・・・
なんだか急に弱々しくなってきたような。。。
このまま歩けなくなるんじゃないかとすごく不安になった…

とあった。
そしてこの後のGW新潟まで出かけたのだけど、その時けっこう歩いたのだが、
まろんの足を気にしていたような記憶がうっすらある。

とにかくわからないが、だとすると2009年の春の初めくらいが
発症時期だったのかもしれないと思う。

で、DMという病気を知ったのはそれから1年以上たってから
ということになる。
そして、検査してDMが確定できたのが2010年の6月だった。
もっと早くこの病気を知っていたら…と思うものの、
知っていてもあまり変わらなかったかもしれないと思う。
着実にゆるゆると進行していく。そういう病気だと思うから。

でもまろんさん、それから2年、思いっきり頑張りましたscissors
鬼母となりまろんを歩かせることに必死でしたけどsweat01
でもそれなりに楽しかったnote
毎日まいちゃんやキンちゃんと一緒にお散歩できたのも
まろんが楽しく頑張れたことの要因の一つだったと思う。
楽しかったね、まろんshine

そして、まろんが…多分…最後に自分の足で踏み出して歩いた姿…

歩きたい。けど動けないねん、おかあちゃん。
一歩が踏み出せない。踏み出すのにものすごい躊躇してる。
けど、おいもほしさに頑張ってん。

この後は、歩くことはなかったsweat02
車いすで立つことはあったが一歩も歩こうとしなかった。
歩けなかったんでしょうが。。。

四十九日

明日、9月12日はまろんさんの四十九日です。
なので、おととい9日、朝からお寺に行って、
四十九日の法要と納骨してきました。
私的にはずっとずっとお骨もそばにおいておきたい気持ちもあったけど…
個別のボックス型のお墓を借りてそこに納骨しました。

12090901
お寺にあったお位牌もここに納められます。
納骨堂の真正面で、少し見上げると
御本尊の観音菩薩像が見える。

12090903
動物たちを見守ってくれてる観音様です。

そして、遺骨のなくなったお家のまろんさんも模様替え…

12090902
そうそう、この写真のお線香の横にあるのは
まろんのために買ったおりんです。
とてもきれいな音色です。

真鍮製のおりん。
輪棒の代わりに天然石で鳴らす。
数種類の天然石の中からアベンチュリンを選んだ。
まろんの緑色の眼の色に合わせて…
(富山高岡の雅覧堂さんで購入)

まろんがいなくなってあっというまの四十九日。
まだまだまだまだまろんのいない淋しさで押しつぶされそうな私です。
考えれば、まろんがうちに来てから、
一日もまろんと離れたことがなかった私なのでした。。。

出会い

記事の前にお知らせ事
今まで、コメント入れて下さってる時どうなってたのか
よくわからないんですが…
今後すべての方にコメント時にスパム対策で認証ワードを
入れてもらうようにしました。
お手数ですが、よろしくお願いします~happy01

まろんのおかげで新しい出会いもありました。
7月の連休明け、まろんが体調を崩したものの
同じ週の終わり頃にはちょっと持ち直したかのように思われた。
その7月21日(土)(この日の様子は「まろんさん経過(長文)」にあり)に、
病院に行った帰り寄り道をした。
病院に以前からチラシが貼られていたので、気にはなりつつも
何ということなく見過ごしていた。
それは、ペットの似顔絵とお言葉を色紙に描いてくれるというもの。
だけど、その日は妙に気になった。
ほんですぐにおっちゃんに「これ描いてもらおか?」と言ってた私。
もちろん、おっちゃんが嫌がるはずもなく(笑)即OKgood
病院からほど近いそのお店。
やっぱりメールで写真送るより、今のまろくるを見せた方が手っ取り早いし、
話もできる。
連れて行っていいか連絡してみたら、これまた即OKでscissors
お店にうかがいました。

ああ、お店の写真とか撮れば良かった…
(この後数回お邪魔してるのに全く気付かなかったおバカな私)
また今度撮ってきますわ~
その代り、看板犬の元太君の写真はばっちり?撮ってきましたで~

120721genta
元太君(柴犬♂8歳)実は携帯恐怖症。
恐くてお父さんの陰に隠れてしまった…
とってもおとなしくてフレンドリーdog
呉服屋さんを営われているお店の看板犬には
ピッタリこんのWAN君でした。

元太君のお母さんが色紙を書いてくれます。
最近時々コメ入れて下さってる「お地蔵さん♪」がその方です。
10数年に京都からお嫁に来られた京都人=関西人さんでした。
石川に来て初めて関西出身の人と身近に接することができて
超超嬉しかった私。
石川には結構たくさん関西人がおられると聞いてはいても
なかなかお知り合いになる機会はないのです。
色紙をお願いに来たのに長々と居座ってしまいましたわ。

色紙に入れるお言葉はこちらで決めてお願いしてもいいらしいが、
なんせそんな才能かけらもないのでお願いした。
もちろんまろんの病気の事とかあって難しかったと思います。
そのあとまた体調が悪くなったまろんさん…
お言葉難しかったと思います。
少しお時間下さいと言われました…わかります…すんません…

しかし、そのあとさらに追い打ちをかけるようにまろんさん永眠。。。
もう、さらにさらに重圧をかけてしまい、申し訳なくてsweat02
でもでも描いていただきました。

まずは、くるみのん・・・

12080501
なんとそっくりな…絵になるやっちゃなぁ…

そして、まろん。。。

12080502
ええ顔してますなぁ…元気な頃のまろんじゃ~

御地蔵さん♪さま、ほんとうにありがとうございました。
元太君のブログがあります。こちら→げんたのひとりごと

まろんさんが初めて行った時のことも書いてくれてはります。
まろんが亡くなった時のことも書いてくれはり、
色紙を取りに伺った時のことも書いてくれてはります。

時間があれば見て下さいね~eye

そしてネットショップもされています。
色紙はこちらで販売されています。
よかったらどうぞ~~up

12080401
色紙をもらいに行った時のツーショット…
距離がビミョー。。。

12080402
元ちゃん笑っておくれやす~dog

元ちゃんはアレルギーと闘ってはります。
何でも食べれないのがやっぱりかわいそうやね。
大豆関係、鶏肉などがダメなんだそうです。
アレルゲンカットしていればカイカイならへんのかな~?
辛いけど頑張って、少しでもよくなりますように~scissors

まろんの調子が悪くなり、もうあまり長くはないだろうと感じていた私。
まろんの似顔絵というより、ここに描かれるお言葉…
これが描いてほしかったのだと思う。
それは多分お地蔵さん♪にも通じていたのではないでしょうかsign02
それゆえ、余計にしんどい想いさせてしまったかと思います。
改めてごめんなさい、そしてありがとうを言いたいです。
ずっとずっと関西出身の人とお近づきになりたくて、
どっかにおらんかなぁと思っていた私。
まろんが、引き合わせてくれたのだと確信しています。

お地蔵さん♪さまへ
また、時よりお店に寄らせてもらってお話とかできたら嬉しく思います。
犬友…ぶろぐ友ということで、今後ともよろしゅうに~wink
元ちゃんのおばたん、くるみも行っていいでしゅか?

先に進むために…その3

まろんが眠った後、ものすごい後悔を私を襲った。

この日から仕事復帰したこと。
何で、よりによってこの日だったのか…

そして、この日病院へ連れて行ったこと。
調子良かったのに病院へ連れて行ったから熱が上がり、
調子が悪くなった…

病院に預けたこと。
すぐに連れて帰ってあげればよかった…
きっと一緒にいたかったに違いない。

食べずらいのかと思ったこともあったのに、
食べれることがあったり飲めたりでちゃんと
気付いてあげられなかった。

まろんが寝ているところで、
この先の予定や仕事のことをおっちゃんと
どうするかなどと話したこと。

細かいことをあげればまだまだある。
まろんはこれ以上私に迷惑かけたらあかんと思ったのかな?
何ぼでも甘えてくれてよかったのに・・・
もっともっとできることあったのではないかと
充分ではなかったという思いがどんどん溢れてくる。

おっちゃんは…おっちゃんの気持ちなんで私にもわからない。
ただ一つだけ、言った。
あの時、自分が無理におしっこに連れて行ったのが悪かったのではないかと…
まろんがぐたっとなった時の感触が今でも手に残っていると…

何が原因かなんて…
すべてはDMという病気ゆえである。
あとは、まろんをちゃんと送ってやることが私達の務めであるということ。

しかし、さすがにまろんである。
丸一日以上ゆっくりと家族で過ごす時間を遺してくれた。

120727011
眠りについて30分ぐらい後のまろんさん。
本当にただ眠っているようでした。

この後、朝方までこのまま一緒に過ごし、
4時頃やっといつものようにまろんを寝室に移し、一緒に寝た。
1時間くらいは眠ることができた。
目が覚めるといつものようにただ眠っているようなまろんが
そこにいる。
ただ、もうアホカコールで起こしてくれない。
動くこともない。
急に現実に引き戻される朝であった。

まろんは色んな事教えてくれました。

まろんは色んな事聞いてくれました。

まろんはいつも一緒にいてくれました。

まろんは私にとってかけがえのない特別な子でした。

まろん、ごめんね…そして心からありがとう…

また会える日まで。。。

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ