2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

体調

ご無沙汰しましたm(__)m

ほんまに。。。また長いことサボってしまいましたわ。
この間、1ヶ月半ほどの間に色々ありました。
といっても日常は大きな変化もないのでかっ飛ばして
いきます。

この間にまろんが逝って一年が過ぎ、こはるが来て間もなく半年になります。
「まろくる家」改め「くるはる家」とすることにしたいと思います。
HNまーママは永遠ですので、これからもよろしくお願いしま~す。

ということで、くるはる家のこの夏、たらたら綴りたいと思います。
まずは、ちょこっといいわけ。。。coldsweats01
私、この夏、ちょうど前の記事を書いた後くらいから
体調が悪くて…特にどうこうというわけではないけど、
しんどい、ふらつく、気分悪い、胃腹調子悪い・・・
暑さのせいか、いえいえ歳のせいかな?
8月末頃から涼しくなり、やっとこさ回復してきましたので
もう大丈夫です。ご安心を。。。

そんな私とは大違い、元気はつらつこはるどん。
コギと違って暑さにも強いようです。
くるみは暑さには超弱いロン毛コギ。
おまけにご老体なのでこの夏はちょっと辛かったかなぁ・・・
でも食欲は衰えず、元気でしたよ~

13081101
クーラーの風がくるいちばんいいとこで寝ておりました。
手足短すぎ~ smile

13081102
相変わらず、おっさん寝のこはるどん。
ここも風がよく通るのよね~

ところで、こはるですけど、ある日突然立ってた右耳が折れ、
また垂れ耳になってしまったのだけど、またまたある日突然
右耳が立ちました。現状片耳立ちのままです。
ところで・・・なんか変なところが数か所。。。

13072901
部分…ちょうちんアンコウのようになっております
             今もって成長中。
部分…ここ(耳の先っぽ)は小さい時から長~いホワ毛でしたが
             やはり成長しております。

最近、マズルまわりももしゃって来ました。
背中も黒い毛が長いくてお尻まわりの毛ものびてきた。
尻尾は太くて立派になってきた。
もうすぐ6ヶ月。まだまだ変貌をとげそうな感じ。
もうこのままかなと思ってたけどまだまだ…楽しみだ~note

そして、7月27日まろんの一周忌でしたsweat02
ふだんから特別に何もしない我が家ですが、
まろんのお花と月命日のお参りは欠かさず行っております。
一周忌の法要は先月のお参りの時にお寺に予約しておりました。
暑い時期なので朝一番に行きました。
こはるは初めての本堂での読経にびびりまくり。
くるみは冷たくて気持ちいいのでここが大好き。

13072701
法要中のくるはる。
くるみ、くつろぎすぎ。こはる緊張。

11071701
2年前のまろんさん。
二輪車いすで頑張ってた頃です。
べっぴんさんのまろんの顔、忘れないでね。

まあ、7月はこないな感じで終わりました。

抜釘手術

ちょうど一週間前になりますが、
私、またまたちょいと入院&手術してまいりました。
手首の骨折時に入れたチタンプレートの除去手術です。

本当は入院前にブログでちょいと報告しようと思ってたのですが、
いきなり入院2日前から仕事のお呼びがかかり、
ず~っと自宅待機していたなまった身体に
ちょいとハードな仕事…加えて急に暑くなった頃でした。
ので夜にブログ書く力もなく。。。
そして、まあ、入院当日=術日は全く動けず。。。
翌日元気になって、さてちらっと短く報告だけしようと思ったら…
新しくなったスマホでログインしたことがなく、
あらら~パスワードなんやったけ???状態でこれまた没。。。

まあ、手術は前と同じく、全身麻酔でしたが、除去するだけの簡単な手術なので
時間も前よりもはるかに短かった。
麻酔から覚めた時のぼ~っとしたのと覚醒し始めた頃には痛みがweep
座薬のお世話になり、そのままぼ~っとしたまま、夜まで眠っていました。
夜中と思って目覚めたらまだ夜の9時半で、そっから暑いのと
かなり爆睡したので眠れなくなってしまいました。
あっ、痛みはもうなくなっていましたけど。

はい。術後のお写真↓

13070501
包帯ぐるぐるでごっつい手です。
若干、指やら掌がむくんでおりましたが、
すぐから痛くても動かしなさいという指示を受け、
とりあえず、rockpaperはすぐにできるようになり、
指のむくみはすぐに取れました。

そして、翌日ガーゼ交換。
やっとこのぐるぐるから解放されると思ったら、
やっぱり、ちょっちょっと消毒して防水シートペタッでハイ終わり。
あの~確か手術してまだ24時間もすぎてないんやけど…coldsweats01
毎回こんなもんです、はい。

そして、私の手に入ってたやつがこれ↓

13070502
まあ、なんと鮮やかな色のビス。
意外と小さい(長さは5cm)なあという感想でした。

一応、木曜朝入院→午後手術→経過が良ければ土曜日退院の計画でした。
手術の後、割とすぐですが、今回も先生、言ってくれました。

先生 「明日退院しますか?」
私    「一応土曜日と言うてたと思うんですが・・・」sweat01
先生 「あっ、そうやね。まあ、経過みてね…土曜日でもいいね」
私    「・・・・・・」

そんな感じで土曜日に退院しました。
もちろん抜糸はまだです。
火曜日に消毒のため通院しました。

私    「汗でテープがはがれてくるんですけど…」
先生 「そうやね。仕方ないね。」
私    「???どうしたらいいんですか?」
先生 「まあ、別になくてもどうってことないんですけどね。
         不衛生でなければですけど・・・」
私    「○?×?△?□?」

どないせえちゅうねん!
看護師さんがフォローしてくれました。
市販の防水シートとか貼り替えたらいいと…
つうか、通常は自分ではがしたらあかんと思っていましたケド・・・
まあ、なんと、そんなもんなのね。

くるみさんは、今回はこはるもいるし(車酔いする)
暑いので車通勤もできません。
一応、木曜日はおっちゃんはお休みしたので大丈夫。
金曜日はおっちゃん午後から帰って、家で仕事&わんこの面倒&
私の病院と頑張ってくれました。
そして土曜の昼前に退院したので何ということもなく終わりました。

こはるが、ご飯食べなかったりしていたのになぜか私が入院中は
大丈夫だったみたいです。
入院前、どうも体調が悪かったようでゲリピー二回と軟便が続き、
心配やったけど、無理に食べさせないようにして様子を見てたら
ちょうど入院と合わせたように復活してきたみたいで…よかったっす。
しかし、退院してきて私の顔見たらまた甘えが出たのか、
少し嫌々病出ましたが、2日ほどでモリモリ食べるようになりました。

くるみは何事もなかったように普通に過ごしていたようです。
おっちゃんが出張の時と同じく、外の車の音や人の気配などには
異常に敏感になって吠えていたようです。
短かったのでどうも思わなかったのかなあ。。。

次回、明日が診察です。
抜糸できるんかなあ??
抜糸したら仕事もすぐに復帰できそうです。
暑いから、嫌やねんけど。。。

ご報告

え~皆様にはいっぱいご心配をおかけしました。
私の骨折した手ですけど…
まだ動きの方があまり回復しておりません。
でもなんとか日常生活はこなせるようになりました。
ご飯もお箸で食べれるようになりました。
包丁も右手で使えるようになりました。
そこそこ力も入るようになりました。
もう骨の方は全然大丈夫だからと先生にも言われました。
後はちょっとかかるかもしれないけどボチボチとリハビリ頑張ります。

そして明日(4/8)、いよいよ仕事復帰します。
どこまでできるか、とりあえず行ってみないとわからないんですが…
皆様もご存じのとっても社員に優しい会社ですので、
できることからやって下さいと言って下さっております。
あまり甘えることはできない性格なのでちょっと無理してしまうかも
しれないけど、やってみます。
またどんな感じかは後日ご報告しますね。

ここで、また訃報です。
3月25日、またお友達のコギが亡くなりました。
もう長いこと会っていないのですが…
というか仔犬の時会ったきりだと思います。
ただ、ノアファミリーやランママやよっさん家と仲良しだったので
時々様子は伺っておりました。
シンバ君。。。
ブログで拝見しました。
最期はかなり苦しかったようで本当に辛かったね。
9歳という…あまりに早く、ご家族の想いを考えると辛くて。。。

03_0608
虹の橋に先に逝ったお友達がたくさんいるからね。

どうか安らかに眠って下さい。。。
心よりご冥福をお祈りいたします。

くるみ即復活

すいませ~んヾ(_ _*)ハンセイ・・・

くるみの不調をお届けしてからブログをサボってしまい、
皆様にはご心配をおかけしたみたいで…
久々に会うとみんな「くるみちゃん大丈夫?」と聞かれ、
そのままほったらかしだったことに気付く私でした。
しかし、なんやかやとバタバタしてたので
ご報告が遅れまして…

くるみはあれからすぐに復活しましたです。
やっぱり食いしん坊くるみが一番ですgood
少々おデブと言われても元気が一番sign02
でもお年柄、少し痩せないといけないのもあるんですけどcoldsweats01
意外とナイーブなくるみさん、足も含めてこれからは
気をつけなければと思います。

ご近所のMダックスのキンちゃん。
今春高校を卒業したお姉ちゃんが大阪の専門学校に行くため
大阪に旅立った。そのお引っ越しの日、キンちゃんは
近所のPet Shopにお預けされていた。
翌日ママが帰るのが遅くなるため、私がShopへお出迎え。
そのあとママが帰るまで預かることになっていた。
くるみの散歩をすませてお迎えに行き帰り道がてらキンちゃんのお散歩。
おしっこは大量にしたけどう○ちをしない…
自分の家に帰ろうとするのでゆっくりお散歩できずそのまま我が家へ連れて帰った。
キンちゃんはヘルニアで後ろ足が不自由である。
(首輪にリードと後ろ足はタオルで吊って歩いているのだ)
だけどすごい力が強いのとでただ今右手が不自由な私はなお大変でしたが…
家に帰って、とりあえずご飯を少し食べさせて、
夕方の忙しい時間なのでくるみのバリに入ってもらおうとしたが大暴れ!
右手を蹴飛ばされまくりながら無理やり押し込んだ。しかし、手が…shock
居間の暖かいところにおいておいたが私が台所に行き、姿が見えなくなると
わんこら言うので見えるところに移動。

13032202

その後、おっちゃんも帰ってきたので出してあげることに…
甘かった…家中走りまくり…暴れまくり…

13032201

やはりバリに入ってもらいましょうとオムツをはずすと
ちゃんとおしっこしてた…良かった…
そのあとおっちゃんが格闘して再びバリの中へ押し込む。
そうしたらすぐに中でう○ち始めたsweat01
慌てておっちゃんが抱っこして出すが、まだしてたcoldsweats02
そこからお掃除開始~
なんとか無事きれいにして再びバリに入って頂きましたキンちゃん。
少し疲れたか?う○ちして落ち着いたのか?
ウトウトし始めた。しかし緊張感は解けず物音には異常に反応していたよ。

その間くるみは、ドキドキもの。
ちょこっと怖かったみたいで落ち着かなかった。

13032203

しかし、キンちゃんがバリの中で大人しくなると様子を見に行って
覗きこんでた。やはり心配やったんかなあ?

バタバタしているうちにやっとこさママがお迎えに来た。
キンちゃんは大喜びしておりました。
まろんが亡くなった時に一度ママといっしょに家には来たことあったけど、
その時はママがしっかりリードで持ってたからね。
よその家に行くことに慣れていないのでちょっと大変でした。

くるみ不調か?

くるみさん、この前の病院の翌日からはびっこもおさまり、
普通に歩いている。
日曜日は京都へお墓参り&私の実家に寄って帰ってきた。
長時間車に乗っているとまたビッコになるかと思ったけど、
ケージも前より広くなったしマットレスも敷いてあるので
足に負担がかからないのか全く大丈夫だった。
予定通り、1週間は様子見であまり歩かせないようにしようと
思っていたけど、くるみがつまらなさそうなので
走らないようゆっくり歩いてなら少しだけお散歩も長くしていいかな
という感じである。

しかし、今朝から何やらおかしい。
足ではない。
今朝、ごはんを食べなかった。
朝の散歩でう○ちを3回もしたらしい。
なんか朝早くからそわそわ動いていたし…
こんな時は必ず草を欲して外へ行きたがる。
しかし、この時期、くるみの好きな草はほとんど生えていない。
少ししたらおやつ&昼食用のフードを少しだけ食べた。
そしてちいちゃいちいちゃいおにぎりを1つ…2つ目は食べなんだ。
でも私の朝ごパンは、パクパク横取りしたけど。。。
朝の2度目の散歩も帰りたくないのかうろちょろ。
ちょこっと草の生えてるところでむしゃむしゃして
そのあと家に帰る寸前でゲロゲ~ロした。
ちょこっとすっきしたかなぁ??

今日は買い物もないので家でくるみと一緒にいよう。
午前中は私も昨日の疲れで少し横になった。
気持ち悪いのか眠れないみたいだったけど私が寝たから
くるみも多分寝ていたと思う。
しかし、ず~っとお腹がグルグルキュルキュル鳴っていた。
結構大きな音で。。。
ちょっと落ち着いたのか水を飲みに行ったのでビオフェルミンを呑ませた。
そしてお昼散歩。
ちょこっとうろうろしてまいちゃんの家に行くとポカポカ陽気で
まいちゃんも外に出てたので少し日向ぼっこ。
まいちゃんママがサツマイモを持ったきてくれた。
最初、一瞬躊躇したけどペロッと食べた。
家に帰って昼ごはん。。。
きっと食べないだろうと思っていつもの小皿に入れてみた。
やはり食べない。
その時くるみの脇の毛に何かついてるのを発見。
まいちゃんとこの庭で伏せていた時に
なんかつけてきたみたいでべたべたになっていた。
ネトーとした葉っぱがからみついて大変な事に。
取れないのでタオルをとりに行こうとたった瞬間、
突如食べ始めるくるみ。
しかもがつがつ食べている。
急に食欲出たのかなあ???
あと少し、食べさせ、またも私の昼ごパンもGETした。
その後お腹の音も落ち着いているみたいでほっ。

何なのか?
昨日、私が中途半端な時間に病院だったので
昼の散歩とか行けずに調子が狂ったのか?
でも家にいる時はいかない時もあるしなあ・・・
あとは足の痛みどめのせいかもしれない。
びっこも落ち着いているので今晩から薬はやめて
様子を見ることにしようと思う。
今日はご飯も少しずつ何度かにわけて食べさせることにしませう。

ちょっとおちついたのか昼からはよく寝ている。

13031802
これは昨日のくるみ。久々のどアップ。

いろいろです

お久しぶりです。
手が不自由でパソが使いづらい…
骨折してから疲れやすい…
↑の諸事情で肩こりなど起こりやすく、これも骨折の治りに影響するらしい。
でもどうしても無理して左手を酷使し、右手を動かせないので肩がこる。
なんと悪循環なこと!
そんなこんな理由でパソを起動しない日も多いのです。

3/1に退院後初診察で、手にはめていたブレーズをはずして生活できるようになった。
でも、外出時や掃除など動く時にはやはり固定。
通院のリハビリも週に3回通う。(所要時間は2~30分程度だけど)
あとは家でできるリハビリを自力でやる。
しかしなかなか動かない。
浮腫と傷口の癒着がなかなか取れないからだ。
リハビリの先生曰く、治りにくいお年頃なのだそうだ(涙)

リハビリ始めて二週間、ここにきて少し手首が動くようになった(ほんのほんの少し)
けど、18日にまた整形の外来に行くのだが、先生の反応がこわい。
癒着が頑固なのだ。
リハビリの先生が予定より長くかかるかもとおっしゃっていた。
まあ、仕方ない。ゆっくり治して行こう。
でも結構色々使えるようにはなってきてはいる。
完全に順調とは言えないけど、亀さん的順調と言えようか?coldsweats01

そしてくるみさん。
久しぶりに9日の土曜日柴山潟へお散歩に行った。

ずっと寒くて雪も降ってたけどさすがにもう積もることはなく、
今は枯れ芝の最悪の公園。
でもくるみは楽しそうに久々のボール遊びではじけてました。

公園を散歩して帰ろうとしても嫌がるくるみ。
いつものごとく車のある方へは進もうとしない。
仕方なく反対の出口から公園を出る。
そこは車道ですぐに信号・横断歩道がある。
歩道を車の方へ向かおうとするが頑として動かず…
何度か渡った事のある信号のむこうへ行きたいらしい。
信号のむこうは田んぼだらけである。
仕方なく土の農道は汚れるので舗装してある道にGO。

13030902
ここは、ずっと後の山のようなところにある中学校の
通学路なので車は入ってこないのだ。
いい散歩道じゃ!

しかしこの日は黄砂が多かったよ~
13030903
柴山潟から観る絶景白山もうっすら…
全く見えない日もある。
ここ最近の黄砂や花粉の目安としている私。
山を見て洗濯ものを外に干すかどうか決めるのだscissors

公園で走ったせいか、帰ってご飯を食べたら爆睡のくるみ。
しかし、一寝入りして目覚めた後は右後足が…
かなりひどいびっこ状態。
翌日ダメだったら病院行きだと思っていたが、全く大丈夫。
昨日までは。。。
金曜日になり、急にまたおかしくなった。
朝の二回目の散歩のときに何もないのに急に足をひき始めた。
すぐに治るかと思ったが午後になっても治らずちょと焦る。
1週間前からやっと車の運転を再開した私。
さすがに病院の行き帰りと近くのスーパーのみ。
まっすぐはいいけど、右左折はかなり慎重にしている。
動物病院までは隣市でちょっと遠いし大きな道も通らねばならないので
ちょっと無理かなあ…しかし仮に運転できてもくるみを抱っこできひんやん…
なので仕方なくおっちゃんにはやく帰ってきてもらい夕方病院へ。
病院に行くと治ってる…ということがよくあるが、
さすがに今回はそれもなく足を浮かせ気味で歩いている。
走ると完全にビッコ。
全く足をつかないわけでもなく痛がるわけでもない。
状態から見てもおそらく股関節であろうという診断。
痛み止めの飲み薬と控えめの散歩で一週間様子見となった。
それでも改善がなければ注射治療ということになった。

それ以外は相変わらずの食欲で元気なくるみさん。
あまり足の事を言うとまた凹むのでさりげなく…である。
薬のせいかわからんけど今日は今のところ大丈夫そう。
せっかく暖かくなってきたのに散歩できないのは
ちょっとかわいそうやけど、足がよくなったらまた
いっぱい散歩しようね~note

緊急事態!

すごいタイトルで何事じゃsign02
と思われているでしょうが・・・
まあ、ほんまにどえらいことになっとります私。
くるみではありませんのでご安心を。。。
実際今こうしてパソをするのもちょっと大変なので
しばらくは書き込みはできないか・・・
もしくは携帯にて簡単なご報告だけさせてもらいます。

実は日曜日に右手首を骨折しまして・・・coldsweats02
8日の日に入院手術をいたします。
1週間ほどの入院ですが、全治は6週間と言われております。
まあ、怪我以外はいたって元気ですのでご心配なくscissors

くるみのことだけが超心配なんですが、
まあ、おっちゃんがなんとか頑張ってくれると思うので・・・
(それが心配やてか???)

こんな話の後は、こんな画像で癒されて下さい。

13013001

いくつなのでしょうかねぇ?くるみさん。

先に進むために…その2

そして7月26日。
朝、寝起きのまろんさん、また熱はやや高めの9度7分。
おいおい、今日から仕事やのに…
まあ、調子が悪ければ即休みますが。
7時半、微熱ではあるが9度4分。
8時頃いつもの朝の二回目おしっこ散歩に行ったが、
やはり出なかった。
でも、大丈夫かな。何より比較的元気であった。
まあ、いつもとあんまり変わらないので出勤した。
前日にTELで会社に頼んでいたのだが、改めて相談して、
検温やらご飯やら、何かと時間がかかるのでお昼休みを
前後30分ずつ余計にもらえるようにした。
今の状態がもう少し落ち着くまで…ということで。
仕事しててもなんか落ち着かないけど、動いている分、気は紛れた。

お昼にうちに帰ると、さっそくまろんさん、う○ちしました。
ほとんど食べていないのに出るもんです。
やはりゆるいので少々汚れます。
即、お尻を洗い、少しして検温。
こんな時はきっと高いだろうと思ったら9度1分低いやん、なんでかな~?
そして、いつものおしっこの時間くらい(12時20分くらい)に
保冷剤つけてカートに乗せて屋根広げて広場まで行った。
思えばこれが最後のお散歩になったんやね。
広場は木陰があるんでそこで降ろしていつもおしっこさせる。
この日も降ろして支えて立たせてみたがおしっこ出ず。
昼のおしっこから帰ってからはまたぐったり寝ている。
外に出て疲れたのか?
13時ころ再び検温したら、8度9分。
検温を始めて以来、一番低い。
様子はちょっとぐったりして怖い感じだが、熱はないしそのまま
後ろ髪ひかれながら会社へもどった。
午後はまた、バタバタ仕事して何とか時間が過ぎた。

仕事が終わり、家へ急いだ。
だが、なんとまろんさん、久しぶりにお帰りワンを聞かせてくれた。
帰って車から降りると「アホカ!アホカ!」と聞こえる。
そして家に入ると首を起こして私を見た。
昼出かける時は、声をかけてもまったく無反応やったのに。
帰ってきたらお帰りワン聞かせてや~と言って出かけたのだ。
それにこたえてくれたのかなあ…
まあ、なんでもええ、元気になってるし~一安心。
おまけに、お帰りおやつフードを食べた。6粒ほど。
元気やし熱もなかったのでおしっこのさせ方を習うため
病院へ行くことにした。
が、病院に着くと少しぐったりして熱が上がっていた。
動いたせいだろうと先生も私も思ってた。
朝からほとんどおしっこしてなかったのでかなり
溜まっていたらしく、おしっこを出してもらい、
途中から圧迫排尿を教えてもらった。
うまくできるかどうか不安だが、明日から頑張ろう!と思った。
病院のすぐそばにスーパーがあるのでまろんさんを見ててもらい、
買い物に行った。
車で待たせていたくるみを病院の周りで超短い散歩して家に帰った。
今思えば、車に乗せる時もまろんさん、
ちょっとぐったりしていたような気がする。
でもここのところはずっとそんな感じだったので誰もあまり気にしなかった。
先生も看護師さんも私も…
そこで疑問に思って診てもらえば良かったのか…

帰ってからもあまり状態はよくなかったが、
おっちゃんが帰ってきてくるみが吠えると一緒になって
少しアホカアホカと言い、お帰りフードも食べた。
しかし熱は40度1分あり、またちょっと朦朧気味に…
身体を冷やし座薬を入れました。
少~し意識が戻って、元気になったように思えた。
おっちゃんがくるみを少し散歩に連れてった隙に
ムーンライトをあげてみた。
割ってあげると食べないのでそのまま口元に持っていくと、
ボリボリした。が、そのままだ~っと口からこぼす状態。
そのころまでまだ、意識はあったと思う。
しかしまた寝たので、小さい頃よく歌ってやった子守唄をうたってあげた。
しずかに落ち着いた感じで寝はじめた。
そのとき、まろんを撫でながら私はゆっくり寝ていいよと声をかけた。
そのあと、また昏睡状態へと入っていった。

このビスケットボロボロ状態で気付いた。
まろんさん、熱があって調子悪くて食べれない時、食べたくない時もあったと思う。
けど、食べたくても食べれなかったこともあったのではないかと…
まだ普通に食べてる時から、食べ物を落とすことがあった。
口に入れてもポロっと落としたり、噛んでる途中でポロッと落としたり…
もう食べにくくなってきてるのかなぁと話したりしてたんだけど、
あまり気にしていなかった。
しかし、食べれなくなってから少し食べ方が変わった(今思えばである)
手のひらに乗せてもうまく取れない。水飲み鳥のように
口をつつくように持ってくるが、うまく取れないこともあった。
掌で口の中に押し込むようにしてやるが、ポロッと落とす。
舌がうまく使えなくなっていたようだ…やはり麻痺の進行か。
ぐっと押すようにして奥の方まで入るとなんとか食べれた。
給水ボトルで水を飲んだりできていたので舌の先の方は
まだ動いていた。
寝ているので水分は口に入ると奥の方へ流れて行ったに違いない。
しかし、固形物は運べなかったのではないかと思う。
まろんの性格上、うまくできないと嫌になってやろうとしなくなる。
食べ物を見てそっぽ向いたのは嫌だったからなのか?
うまくできないからなのか?謎である。
もし、舌の奥や喉まで麻痺していたら、流動食をシリンジで無理に
食べさせるのも危険であったに違いない。
それを先生がとめた理由はそこにあったのか??
わからないが、舌の機能も麻痺にやられるていたのではないだろうか。

そして、熱は下がらないまま11時を過ぎた(40度5分)。
意識はもうろうとしているし、身体を冷やすしかない。

12072601
かなりしんどそう。
気がつけば、ハアハアと言えなくなっていた。
だから体温調節ができなかったのか・・・

が、まだ意識はあった。
できるだけいつも通りしてやる方がいいかと、
おっちゃんがおしっこに連れてった。
夜は家の前で抱っこしたままの状態でさせるのだが…

おっちゃんがまろんの名前を叫びながら大慌てで家に入ってきた。
おしっこさせようとしたら急にがくっと力が抜けたらしい。
家に入って抱っこしたままソファに…
目は白黒させて口から軽く泡をふいている。
癲癇か?完全に気絶して意識が無くなっていた。
舌が出ていて噛んだらいけないので
口をこじ開けようとしたがものすごい力で口が開かなかった。
2人でまろんの名を呼び撫でたりしていると
少し落ち着いてハアハアと息をした。
ベッドに移し、見守るしかできない。
12時前、熱は依然として40度2分あった。
おそらくこの後はもう意識はなかっただろう。
2人でまろんを撫でてやり、肉球を撫でてやる。
小さい時、車でそうすると落ち着いたから…

そのあと、まろんがパクパクと変な呼吸を始めた。
先生から聞いていた呼吸不全の時の呼吸の仕方である。
何かしてあげた方がいいのかと目の前にあったパソコンで調べると
それはもうかなり危険な状態であると書かれていた。
もう最期の時か…
一回目のパクパク呼吸の後、いったん静かになりこのまま逝くのかと思ったら、
大きく一回息をしてそのあとハアハアと息をした。
そしてまたしばらく静かに寝ているよう。

ここでまろんに逝くなとか、頑張れとか言わなかった…言えなかった。
そうするとまろんはまた頑張ろうとする。
苦しまなくてはならない…

まろんに、もうがんばらなくていいよ。
もうゆっくり寝ていいよ。
もうお仕事しなくていいよ。

と言ってあげた。

しばらくすると、またパクパク息をした。
そしてそのまま、眠ってしまった…永遠に。

時計は、日付が変わり、7月27日午前0時36分だった。

先に進むために…その1

まろんさんが亡くなって一ヶ月がたちました。
私自身、まだまだそこにまろんは寝ているような気がするし、
気がつけば、まろんに話しかけ、涙が止まらなくなる…
それでも、まろんの最期を書かなければ、ここから先に進めない。
気持ちの整理がつくのを待ったら、何年もかかるやろう…
いやいや、つくんかなあ???
まろんの最期にはいろんな失敗…後悔がつきまとう。
でも、失敗と思ったのは、すべて後になってからである。
その時は気付かなかったことがいっぱいあった。
だから、本当のところはわからない。
多分こうだったのだろう…だと思う…みたいな感じですが。
それでも、後に続く、DM仲間のために書かなきゃと思いました。
みんなが同じではないけれど・・・・・・

その1は前に書いた「決意」の日=7月25日(まろんの亡くなる2日前)

朝起きると大量のしっこと共にゆるめう○ち。
お尻を洗って熱は39度6分。やや高め。
その後すぐに少し下がり39度3分ほどに。
お仕事復帰のための相談したく、やはり病院へ。
この時の事は先日書いたとおり。
しかし、私の決意の中には仕事復帰の決断以外にもっと重い気持ちがあった。
この時、どこかでまろんの死も覚悟していた。
いつでもおかしくない状況が続いたし、
先生でもいつというのははっきり判らないのであろうが
それらしきことを言葉の端々に感じた。
もしかしたらまろんの最期を看取れないかも
という覚悟をしなければならなかったのだ。
それでも仕事に行くかどうか…たまたま、暇な時期だったので
3日も仕事を休めたが、これが繁忙期であれば
この3日もなかったかもしれなかった。
そのことを先生に言うと、先生はこう言われた。
「この子は、多分、待ってると思うよ」と。。。
私の決意は覚悟でもあったのだ。

ただ最期には呼吸不全と言われているDM。
それがどういう状態になるのか?ただそれだけが心配だった。

最近は少しおしっこの出が悪くなっていた。
病院ではおしっこを出してもらった。
調子が悪くなってからも自力排尿したり、
少し出にくい時も下におろして立たせたり抱っこのままだったりだけど、
少し足の付け根あたりを押すだけでおしっこは出ていた。
ただ、量はやはり減っていたのだと今にして思えばそう思う。
家でのチョロ漏れもあまりなく、カートの中でもあまりおしっこしなかった。
完全に出ないわけではなかったので油断してしまった。
病院でもそんな状況でまだ自力排尿もしていると話したので
まだ大丈夫だと思い圧迫排尿のやり方をきちんと習っていなかったのだ。
これも、私の大きな失敗の一つだ。

病院から帰ってからはまた、よく寝ていた。
この日はほとんど食べなかった。
夕方水を飲むまろんさん。

12072502
座ってるのが難しくこうやって水を飲むのも
やや飲みにくくなっていた。
段々崩れて来て水にはまっていくのだ。
手の下にクッションを置いて少し飲めました。
けど、口が濡れて気持ち悪いらしく・・・

12072503
顎・口をこすりつけてふきふき~
まだ自力でこんなこともできてました。

12072504
この日は調子良くハアハアいうてベロも出して
体温調節もできてた。

こんな笑顔も見せてくれた。
12072505
ちょっと暗いけど…いい顔してます。

そして、夕方カートに乗ってお散歩もしたよ。

12072501
先にくるみを少し散歩させ、途中でまろんさんを連れ出す。
やはりおしっこはあまりせずでしたが、
ちょっと気分転換できたかなあ。
この日は、この後も落ち着いていた。
あまり食べなかったとは思うがいつもどおりに過ごした。

あまり悪くない時は、記憶も曖昧だ。
覚悟はしても、さすがに今日明日とは思っていなかった私。
なので細かくメモもしていなかった…検温記録のみだ…これも失敗かな。

その後…くるみ

まろんのこと…他にも…いっぱい書きたいこと
書かなあかんことありますねん。
けどね、このブログはまろくるのぶろぐです。
今日はくるみのこと書きますね~

くるみさん、まろんの死をわかっているのかいないのか?
まあ、多分わかってはいるのでしょうが、
ポーカーフェイスのくるみさん、マイペースのくるみさん。
自分の中で頑張ってるのでしょうかねぇ???
たくさんの人があなたの事心配してくれてるんですが、
私ははどう答えたらいいのか…本当に悩みました。
特に沈むこともなく、元気やし、食欲も前にも増してるし…
おかしなところは一か所だけ…

大好きなはずのおっちゃんに近づかなくなったこと…
というより、避けてた感じ。
ほんで、必要以上に私を見張ってるし…
散歩も私がいる時はおっちゃん一人では頑として動かず、
私の後ろに回り込む。
私が仕事に出かける時、以前はもうすっかり自分の居場所で寝てたのに
まろんがいなくなってからは後追いまではしないけど、
お座りしてじっと顔を見てる。

お盆の京都大阪帰省ツアーにでかけた11日の夜くらいから、
少しずつ元に戻ってきた感じですが。
これも何かのシグナルだったのでしょうか?
身体に変調がなかっただけでも良しとしとこうですけど…

12080301_2
まろんのお供えのお皿に使ってたディスク…
ちょっと片付けて下に置いておいたら見つけはったくるみさん。

12080503
一人で公園散歩。
まろんさんがいた時は歩いたりするのに待ち時間が
いっぱいあって休憩できたけど、今はその時間がなく
ヘロヘロになって歩いてはります。

12080901
毛が伸びて来て、暑そうなので帰省ツアーの前に
もう一回カットしてもらいました。
せっかくwanにもどりつつあったのに、またクマになりまちた…

そういえば、もう一つ…
まろんのお悔みにまっちょ&よっさん家が来てくれた時…
どうもくるみが変でした。
なんかおどおどして隅っこに寄って…目も泳ぎ気味な感じでした。
多分、まろんがいなくなって弱気になってしまったのかなあ…
けど、それはね帰省ツアーの帰りにまっちょのところに行った時には
完全に解消されていつも通りのくるみに戻ってたので
もう大丈夫かな~。

夏休みも終わり今日からおっちゃんはお仕事。
私も明日からお仕事です(一日行ったらまた休みですけど)
今後のくるみさんもまだまだどうなるか目が離せません。
このまま、マイペースくるみでいてくれたらいいかなぁと思います。
まろんのように傍には来てくれへんけど…淋

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ